特徴を理解することですのこベッドを有効活用しよう

考えること

防かび、湿気防止を考えたら「すのこ」

これから暖かくなるに従って気になるのが、布団の湿気。畳に直接敷いている場合は、布団だけでなく畳の湿気やカビが気になりますし、ベッドを使っている場合でも頻繁にマットレスを干せるわけではないので、湿気がこもってしまったりします。そんな湿気対策のひとつとして最近、見直されているのが「すのこベッド」です。 「すのこベッド」なら、布団の場合でも床面との間に隙間をあけられるので、寝ている間に出る汗などを逃がすことができ、これからの季節、快適に過ごせること間違いありません。 「すのこベッド」の材質である木の種類は桐、杉、ヒノキなどさまざまで、それによって価格も変わります。ただ、湿気対策であることを考えると、「すのこベッド」にはカビの生えにくいヒノキやヒバなどが向いていると言えるでしょう。

進化する「すのこベッド」

そんな「すのこベッド」、最近ではただのすのこから進化しつつあります。 一番、よく見られるのは畳用の薄い「すのこベッド」で、二つ折りにして立て、その上の布団が干せるというタイプ。式布団を敷いたまま、ワンタッチで立ててそのまま布団を干すことができ、外に布団を干せない季節や住環境では非常に便利です。 また、大きなすのこのままだと収納に不便という発想から、使わないときにはくるっと巻いてしまっておける「すのこベッド」もあります。これなら、来客用のマットとしても便利かもしれません。 さらに、『角が当たると痛い』というアクシデントを解消するために角の丸いタイプも登場。ベッドのように常に設置するのであれば、角が丸いタイプを選ぶと安全でしょう。 昨今、寝具は低反発マットと高反発マットの2大勢力争いの感がありますが、湿気を防ぐという新たな観点から「すのこベッド」も検討材料のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。